「自分らしい生き方への挑戦を」の理念に基づき

子どもたちが継続的に学校に通うことができるよう、

私たちはインドと日本の懸け橋となる活動をしています。

 

イベント出店

主に広島大学や広島県内のイベントでブースを出店、そこで紅茶や石鹸、雑貨などを用いて寄付を集めています。

私たちの活動を地域の方に知ってもらえる大切な機会です。

  

 インド派遣

春季、夏季の長期休暇中に実際にメンバー数人がインドへ行き、現地スタッフとのミーティング、紅茶や石鹸などの買い付け、支援している子どもの家庭訪問などを行います。

普段は国内で活動している分、実際に現地で現状支援の効果と改善点を確認することはこれからの活動にとってとても重要です。

 

 

ミーティング

毎週木曜日にメンバーが集まり、イベントに向けてアイデアを出し合ったり、より良いファンドレイズの方法やダージリン事業をよりよく進めるための工夫などを話し合っています。

ここで受益児童の判定基準を設定したり、現地スタッフとスカイプを通してやりとりすることも。

 

提供先店舗への商品卸し

活動にご理解と賛同をくださっているお店で、私たちがインドより仕入れてきた紅茶を卸させていただいています。

(店舗一覧についてはリンクページをご参照ください)

中にはイベントに声をお掛けいただき、お店とコラボすることも。

より多くのお店の方に知っていただけるよう尽力しています。

 

「インドを知ってもらえる」イベントを開催

インド体験をみなさんにお伝えする派遣報告会を開いたり、広島大学おもしろラボにてインドの子供写真展や国際協力について考えるトークイベントを開催。

少しハードルが高い国と思われやすいインド。

しかし、今この瞬間にも現地では芳しくない状況は変わらず存在します。

それをより身近に感じてもらうため、私たちはインドを発信していきます。